借金地獄から脱出するための解決策



すぐに返済できると思って借金をしたケースでも、色々な事情により借金を繰り返す事で首が回らなくなってしまします。借金地獄のストレスがたまり自殺してしまう人も少なくありません。芸能人の方でも多いです。

自ら脱出するのが難しい場合、法律的に借金を減額する方法があります。

たった3つの回答にこたえると、どれだけ借金を減らせるか無料で相談が可能です。


 借金を一人で悩んでいても脱出できません!

借金地獄は住宅ローンが払えなくなった、パチンコなどのギャンブル、キャバクラやホスト通い等で借金地獄に陥っている方が多いです。他に、リストラやなど様々な事情があるかと思います。

スマホのゲームにはまってしまい課金する方で借金する方も多いです。

本当に残念なケースですと生活費すらままならない状態に陥り、消費者金融や銀行カードローンで借金を繰り返してしまう方々です。2017年に銀行カードローンから破産者が増えて国から指導が入りました。

あなたの借金を法的な方法で減額していく必要があります。

まずは、プロの専門家にどれくらい借金を減額できるかシミレーションしてください。


借金地獄に陥る理由とは?

借金が返済できない理由について

借金地獄に陥る理由とは?
  • 会社からリストラされて退職
  • 病気で働けなくなった※医療費用
  • 収入が減って住宅ローンが払えない
  • 会社が倒産
  • 税金の支払いができない
  • 家賃の支払いができない
  • 自動車ローンが払えない
  • 住宅ローンが払えない
  • 学費が払えない

ご家庭の理由により返済が自転車操業になる時がありますよね?

住宅ローンや自動車ローンが払えない時は、本当にストレスがたまります。カードローン・クレジットカードもしかりですね。

支払いを滞納すると、電話・メール・督促状が届きます。最悪は家に来て脅しの様に借金を督促する悪質な業者があります。そういった業者は法律的に違法ですので相談する価値がありますね。

給料が差し押さえになる事があるのか

借金地獄に陥り支払いを延滞したまま放置すると、給料が差し押さえになる事があります。全ての給料が差し押さえになるわけではなく4分の1までと定められています。当然、給料が差し押さえになると会社に知られてしまいます。これまでの信頼が落ちてしまう事でしょう。

ただし、業者があなたの勤務先を知らなければ差し押さえになる事はありません。ですので、勤務先を業者に教えないというのも給料差し押さえにならない方法と言えますね。

給料以外にも差し押さえの対象があり、

  • 給料
  • 銀行口座
  • 動産
  • 不動産

上記の4つがあります。

解約金があるタイプの生命保険に加入していれば保険も差し押さえの対象になります。生命保険の差し押さえは税金の滞納が対象になります。

この、借金地獄から脱出するためにもプロに相談してみる事をおすすめします。

万が一、借金地獄に陥ってしまった場合の脱出方法


借金の利息は元本や他社借入が多い程、雪だるま式に増えていきます。生活をしながらどの位、返済に回せるかがキーポイントですね。月々の生活費をどのくらい減らせるか大事になります。

一体、どのくらい生活費でお金を使っているか割り出してみる事をおすすめします。生活費を削減する事で多少でも余裕ができますね。

生活用品や食品はコンビニよりスーパーを利用


生活用品や食品は出来るだけコンビニよりもスーパーで買物するのがベストです。コンビニは手軽に足を運べるので飲料水やお弁当など安易に購入してしまいがちですが、値段の設定がスーパーに比べてコンビニ方が高いですよね。そういったスーパーを利用する習慣を身に着ける事で10年でかなりの金額のお金を節約する事ができます。

できるだけ、「ダイソー」などの100円ショップを利用するといいでしょう。

小さな節約をコツコツと積み重ねて、借金返済にあててください。

生活費の節約方法
  • スマートフォンや携帯の料金を抑える
  • インターネット回線の見直し
  • ポイント還元率の高いクレジットカードを利用
  • 賃貸なら安いところに引っ越し
  • 生命保険の見直し
  • 自動車保険の見直し
  • 節水と電気の節約
  • 冷蔵庫に沢山詰め込まない
  • 電気を使わない方法で掃除をする
  • 炊飯器の保温を使わない
  • 寒い時期はペットボトルを活用しお手製のゆたんぽを利用

借金地獄から脱出するために、上記の事を参考に実践する事をおすすめします。

暮らしにかかせない、電気代や水道は是非節約してください。

電気代は契約しているアンペアが重要です。契約アンペアを下げる事で基本料金が下がります。冷蔵庫は電気代がかかるので温度設定を下げてください。

生命保険は安い保険に切り替えると月々の支出がかなり抑えられます。もしくはいらない特約などがついていれば特約解約する事でグッと保険料を下げる事ができるのです。

他に自動車保険も同じ事が言えますね。他社と比較せずになんとなく加入した自動車保険であればなおさら見直しが必要です。ネットで自動車保険の一括査定ができますので活用してみてください。

賃貸に住んでいるのであれば家賃の見直しを検討してみましょう。現在、便利な立地条件に住んでいるのであれば、月に数万は家賃を減らせます。年数十万円もお金が浮く事になりますので借金返済にあてていきましょう。

一人暮らしで賃貸に住んでいるなら、シェアハウスや友達などとルームシェアするとかなり家賃が安くなります。

クレジットカードのリボ払いやキャッシングで借金地獄に



買物などでついクレジットカードを使いがちですが、リボ払いにしていませんか?リボ払いで借金がかさみ借金地獄になる方が増えています。

多くのクレジットカードは実質年率15.0%の手数料です。大きい金額をリボ払いにしていると払っても払っても残高が減らない感覚に陥ります。

JCB:15.0%
楽天カード:15.0%
MUFGカード:15.0%
セゾンカード:14.52%
ジャックスカード:15.0%
三井住友カード:15.0%

もしかすると、利息程度しか月々返済していないかもしれません。クレジットカードの返済額を少しでも多く払えば元本が減っていき完済に近づきます。

クレジットカードのリボ払いで危険なのは毎月の返済額です。合わせてキャッシング枠を利用した場合、借金地獄に陥りやすいと言えるでしょう。

クレジットカード会社はリボ払いをすすめてきますが、それが会社の利益につながるからなのです。

例えば、30万円の買物をして2年で返済すると利息は40,000円以上もかかります。ですのでショッピング枠の分轄払いは借金と同じです。借金地獄に陥らないためにもムダは利息はできるだけ払わない様にしましょう。

ご自分のクレジットカードのキャッシング枠の実質年率とショッピング枠の実質年率を調べてみる事をおすすめします。

そしてこれからどうしてもクレジットカードを利用する場合、ボーナス一括払いにすると手数料0です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用して借金地獄になっているなら、もしかすると過払い金が発生しているかもしれません。

生命保険から契約者貸付を受けて借金返済


各生命保険会社では契約者貸付制度を用意しています。

生命保険の中には契約者貸付ができる場合があります。契約者貸付の利率は概して安く、契約内容にもよりますがクレジットカードの実質年率より10%以上低いと思われます。

ちなみに、かんぽ生命は契約日が2007年10月1日〜2016年8月1日の場合、「1.50%」で2016年8月2日〜の契約日であれば「1.25%」の利率です。

クレジットカードの年率と比べてビックリするほど低いですよね。

契約者貸付ができるようであれば、貸付を受けて借金の返済にあててください。


突然、失業して借金地獄から抜け出せない方へ


失業して生活費に困ってるなら国からお金を借りる事ができる「生活福祉資金貸付制度」がおすすめです。対象は「低所得者」・「高齢者65歳以上の世帯」・「障碍者」になります。

家賃や公共料金の滞納の一時立て替えに最高60万円まで貸してくれます。また住居費用の資金として最高40万円まで。

他に3ヵ月から12ヶ月、月20万円まで貸し付けて生活の立て直しをしていく制度があるので検討されてみては如何でしょうか?

失業している方が「生活福祉資金貸付制度」を利用するにはハローワークで求職登録し職業相談が必要です。

失業者以外の方は各市区町村の社会福祉協議会で相談できます。

母子家庭、父子家庭または離婚して借金に困ってるなら


母子家庭、父子家庭の方で借金返済に困ってるなら「母子父子寡婦福祉資金貸付」でお金を借りる事ができます。この制度は20歳未満の子供を養育していて配偶者のいない方が対象です。

市町村によって異なるかもしれませんが、保証人がいれば無利子、いなければ「1.5%」程度の年率でお金を借りる事ができます。そして返済は6カ月から1年据え置いてから返済が始まるのでお金の余裕がうまれやすいですね。

20歳以上の子供を扶養している配偶者のいない女性で低所得であれば「寡婦福祉資金」からお金を借りられます。

母子家庭、父子家庭もしくは離婚して借金地獄になっているならぜひ、上記の制度を活用していきましょう。

「母子父子寡婦福祉資金貸付」・「寡婦福祉資金」の相談と手続きは各市町村に問い合わせてください。

子供が高校生・大学生の方でお金に困ってるなら



子供が高校生・大学生・専門学校・予備校の方で教育費が膨らみ借金地獄になっているなら、国から「教育一般貸付」から教育資金を受けられるます。あくまで教育資金ですので使いみちは限られています。

  • 学校に納付するお金※入学金・授業料など
  • 受験にかかった費用※交通費・受験料・宿泊料など
  • 教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用など

毎月、高校や大学で高い授業料を払っているなら「教育一般貸付」がおすすめです。

インターネットから簡単に申し込みする事が可能で回答は10日前後になります。

ふと気が付いてみたら借金まみれ


ふとした事がきっかけで借金まみれになるケースがあるかと思います。そんな時は国や市町村から支援を受けたりミニマリスト=最小限主義者の生活をしていく事で解決の道へ向かっていく事でしょう。

借金まみれになる事は、誰しも起こり得ます。あまりくよくよせずに対応していってください。



借金地獄から脱出!!どこに相談すれば解決できるのか