キャッシングの返済を踏み倒したらどうなる?

どうしても、キャッシングの返済ができそうもない!キャッシングを踏み倒したらどうなる?

 

借金は時効がありますが、消費者金融などのキャッシングの場合「5年」です。ですが、時効までの条件が厳しく中々踏み倒しは難しいですね。時効期間の途中で法的手段を取られたり、1円でも返済すると時効のカウントが振り出しに戻ります。また、電話や郵便でキャッシング返済の催促を受けた場合は、時効までのカウントが一時的に中断してしまいます。この様に、時効までのカウントを自分で計算するのが難しいのが現実です。そして、キャッシングを踏み倒している間に利息はドンドン増え続ける事になります。

 

しかも、ブラックリスト(事故情報)に名前・住所・生年月日など登録され何年間も踏み倒し情報は消えません。ブラックリストに登録されると新たなローンは組めなくなります。クレジットカードも作れませんし、携帯電話の分割払いがNGになってしまうのです。常に現金払いにしなければなりません。

 

キャッシング踏み倒し

 

キャッシングの踏み倒しは、ハードルが高く精神的に疲れていくでしょう。キャッシングの「契約」は、消費者金融・銀行カードローンにしろ無担保・保証人なしで信用貸しで成り立っています。ですので、踏み倒しとなると社会的な信用が失われる事を意味します。

 

どうしても、借金を払いたくても払えない程、返済が苦しくなっているなら迷わず弁護士に相談してください。借金を減額できたり、払い過ぎたお金が戻ってくる事があります。最近は、借金問題に強い弁護士事務所が増えており相談は何回でも無料だったりします。

 

 

借金地獄脱出のtopページヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金地獄 脱出